LPIC レベル2 覚えられないコマンドとか色々2


LPIC レベル2 覚えられないコマンドとか色々2 | Bamboo lath 日々の記録なんだかなーおぼえられねーなー。

■カーネルパラメータ
sysctlでカーネルパラメータの操作を行う

表示する sysctl カーネルパラメータ
 変更する sysctl -w カーネルパラメータ=値
 一覧 sysctl -a

/proc/sys によるカーネルパラメータ操作
kernel.shmallが対象パラメータの場合

表示する cat /proc/sys/kernel/shmall
 変更 echo ‘2097152’ > /proc/sys/kernel/shmall

■ARP
IP アドレスと MAC アドレスの対応関係は、ARP キャッシュという
テーブルとしてシステム内に保持されているARP キャッシュに関する
操作を行うコマンドは arp です。

arp [オプション]

-i –device 続けて表示対象インターフェースを指定
-a –display  続けて表示対象のホスト名を指定
-d –delete 続けて削除対象のホスト名を指定
-n –numeric 逆引きを行わず、IPアドレスのまま表示
-s set 続けてIPとMACアドレスの対応を指定しキャッシュに追加
-f file 続けてファイルを指定し、その内容をキャッシュに追加

■mtコマンド
mtコマンドは、テープドライブを制御するコマンド。
磁気テープなどのテープデバイスを早送りしたり、巻き戻したりできる。

書式:mt -f テープデバイス 操作

テープデバイスはSCSI接続なら/dev/st0となります。
ただ、テープデバイスに/dev/st0を指定した場合、データの読み書きで
テープが自動的に巻き戻されます。
その為、複数のファイルを読み書きしたい場合などは巻き戻ししない
/dev/nst0をテープデバイスに指定します。

■カーネルのソース

/usr/src/linux 内のファイル・ディレクトリで覚えておきたいもの。

.config カーネルのビルド設定ファイル
Makefile makeの設定やカーネルのバージョンが書いてある
kernel/ カーネル本体のソースが入っている
Documentation/ ドキュメント類が入っている

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です