OpenVZのゲスト側で他のNAS(TeraStasion)のフォルダをマウントする


OpenVZのゲスト側で他のNAS(TeraStasion)のフォルダをマウントするOpenVZのゲスト側で他のNAS(TeraStasion)のフォルダをマウントする設定を
していたけど、すっかり忘れていたのでメモ。

ホストはCentOS6.2

■大体の構成

ホストサーバにOpenVZをいれて複数のゲストサーバ
を立てて社内の開発環境を構築していて、ゲスト側
で社内の他のNASにアクセスできるように設定を行っている。
主にホストの「/etc/fstab」と「/etc/rc.d/rc.local」で
実現している。

「/etc/rc.d/rc.local」とは起動プロセスの最後に実行されるシェルスクリプトのこと。

今回はこれが思い出せなかった・・・。

■そもそもなんでそんなことになったのか。

OpenVZを使ってゲスト側で直接NAS(TeraStasion)を
マウントしようとしてもcifsのエラーが出てmount
出来なかった。

■回避方法

ホスト側で起動時にマウントを行うようにし、
マウントしてOpenVZが起動し終わったあとに
/etc/rc.d/rc.local
で各ゲストにbindするように設定してみた。

■ホスト側の/etc/fstabサンプル

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Thu Mar 15 05:40:21 2012
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
/dev/mapper/VolGroup-lv_root / ext4 defaults 1 1
UUID=2f2b3876-c89f-49b9-896b-4436a2cf4199 /boot ext4 defaults 1 2
/dev/mapper/VolGroup-lv_home /home ext4 defaults 1 2
/dev/mapper/VolGroup-lv_swap swap swap defaults 0 0
tmpfs /dev/shm tmpfs defaults 0 0
devpts /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
sysfs /sys sysfs defaults 0 0
proc /proc proc defaults 0 0

# mount1
192.168.1.xx:/mnt/array1/folder1 /mnt/mout_folder1 nfs rsize=8192,wsize=8192,nolock,hard,intr 0 0
# mount2
192.168.1.xx:/mnt/array1/folder2 /mnt/mout_folder2 nfs rsize=8192,wsize=8192,hard,intr 0 0

「mnt/array1」とかなっているマウントしたい対象のNASは
今回のケースではBuffaloのTeraStation。
TeraStationはNFSの機能が付いていたのでNFSフォルダーと
NFSクライアント設定を事前に作成しておいた。

■ホスト側の/etc/rc.d/rc.localサンプル

#!/bin/sh
#
# This script will be executed *after* all the other init scripts.
# You can put your own initialization stuff in here if you don't
# want to do the full Sys V style init stuff.

touch /var/lock/subsys/local
#bind
mount --bind /mnt/mout_folder1 /home/vz/root/180/var/www/html/clients
以下続く・・・。

上記はホストでマウントしたフォルダをホスト上にあるOpenVZのゲストのフォルダにbindしている。
これで結果的にゲスト側でもマウントしているような状態でファイルが操作できる。
mount –bindはマウントしたファイルシステムの一部を別のディレクトリにマウントし直すと
いうシンボリック的な役割をしてくれる。

 

こうやって書いてみると面倒な仕組みになってるなー。
他にやり方ないのかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です