MySQL バイナリログ取得設定


MySQL バイナリログ取得設定デフォルトの状態ではバイナリログは出力されていないので設定しておく。

ロールフォワードリカバリにも利用できる。

設定ファイルを変更する

#vim /etc/my.cnf

[mysqld]
log-bin
expire_logs_days = 14

「expire_logs_days」でとりあえず2週間で削除されるように設定しておく。
※ロールフォワードリカバリするた為には別途都度バックアップをとっておく必要がある。

保存したらmysqlの再起動

設定が反映されているか確認する。

[(none)] 10:04 am> show master logs;
+-------------------+-----------+
| Log_name          | File_size |
+-------------------+-----------+
| mysqld-bin.000001 |       126 |
| mysqld-bin.000002 |       126 |
| mysqld-bin.000003 |       107 |
+-------------------+-----------+
3 rows in set (0.00 sec)

[(none)] 10:04 am> show global variables like 'expire_logs_days';
+------------------+-------+
| Variable_name    | Value |
+------------------+-------+
| expire_logs_days | 14    |
+------------------+-------+
1 row in set (0.00 sec)

バイナリログの中身を確認する
今回の設定だと「/var/lib/mysql」以下にファイルができる
ファイルの中身はもちろんバイナリなので「mysqlbinlog」ユーティリティ
を利用する。

# pwd
/var/lib/mysql
# mysqlbinlog -D mysqld-bin.000001

参考URL

MySQLバイナリログの仕様

MySQL バイナリログの管理

MySQL バイナリログの削除

知って得する!MySQL のリカバリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です