実験用にCentOS7にyumでPHP7を入れる


実験用にCentOS7にyumでPHP7を入れる実験用にCentOS7にyumでPHP7を入れる

# yum -y install epel-release

Remi’s RPM repository

Maintained Enterprise Linux (RHEL / CentOS / Other clones)
Enterprise Linux 7 – repository auto-configuration package : remi-release-7.rpm

↑のremi-release-7.rpmをインストール

# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
# rpm -Uvh remi-release-7.rpm 

あとはremi-php70を有効にして探せばOK。
このとき「php70」として探す必要がある。

# yum search --enablerepo=remi-php70 php70
# yum install --enablerepo=remi-php70 php70
# systemctl restart httpd.service
# php70 -v
PHP 7.0.0RC6 (cli) (built: Oct 28 2015 09:52:05) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2015 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0-dev, Copyright (c) 1998-2015 Zend Technologies

これだと「/opt/remi/php70」にインストールされてます。
SCLコマンドも一緒に入るので、以下でシェルで起動します。

# scl enable php70 bash 
# php -v
PHP 7.0.0RC6 (cli) (built: Oct 28 2015 09:52:05) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2015 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0-dev, Copyright (c) 1998-2015 Zend Technologies

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です