Mondo RescueをCentOS5で試してエラーが出た。


Mondo RescueをCentOS5で試してエラーが出た。 | Bamboo lath 日々の記録Mondo RescueをCentOS5で試してエラーが出た。

■OSのバージョン
CentOS release 5.9 (Final)

■その時点での最新をインストール

# mondoarchive --version
mondoarchive v3.2.1-r3456
See man page for help
# mindi --version
Mindi v3.0.1-r3456
# mkisofs --version
mkisofs 2.01 (cpu-pc-linux-gnu)

■実行!

# mondoarchive -Oi -gF -s 4480m -d /backup -E /backup

■エラーが発生。logに以下のように…faildが・・・。

DBG3: [Main] libmondo-fork.c->run_external_binary_with_percentage_indicator_NEW#685: Parent res = 256
INFO: Call to mkisofs to make ISO (ISO #1) ...failed
DBG1: [Main] libmondo-archive.c->make_iso_fs#1883: WARNING - make_iso_fs returned an error
DBG2: [Main] libmondo-archive.c->write_iso_and_go_on#3223: Retrying, at user's request...

■以下の情報を発見。
[Mondo-devel] Newest mondo error calling mkisofs

Yes, this is a regression for non RHEL 7 versions 🙁 Please use the
test of 3.2.2 that will be out soon to foix that + some other issues
reported since.

Cf: ftp://ftp.mondorescue.org/test/rhel/5

RHEL7以外のものはダメらしいのでテストの3.2.2を入れて試す。

ftp://ftp.mondorescue.org/test/rhel/5/x86_64/
mondorescue-test.repo

■リポジトリを削除してmondorescue-test.repoを入れなおす。

# yum --enablerepo=mondorescue-test install mondo
[root@www15172u ~]# mondoarchive --version
mondoarchive v3.2.220151218023212-r3492

■実行!

# mondoarchive -Oi -gF -s 4480m -d /backup -E /backup

出来た。
とりあえずこれで凌ぐ。

リストアできるかな~

 

※その後CentOS6環境でも「mondoarchive」を試すが、こちらは「3.2.1」、「3.2.2」でもエラーが出てメディアの作成が完了しない・・・。
今のところどうしていいのかわからず途方に暮れています。⇒mindiのバージョンがずれてました・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です