CentOS7でapacheユーザのumask値を変更する


CentOS7でapacheユーザのumask値を変更するCentOS7でapacheユーザのumask値を変更する

最初一生懸命「/etc/sysconfig/httpd」に「umask 002」を書いてて
反映されないなーっと思っていたら触っていたのがCnetOS7でsystemdだって
ことにしばらくたって気づいたので自戒を込めてメモ。

systemdの仕組み

実際にsystemd環境でumaskを変更するには以下の手順で。

ここに移動して

[root@localhost system]# pwd
/etc/systemd/system

このファイルを作成する

[root@localhost system]# cat httpd.service 
.include /lib/systemd/system/httpd.service
[Service]
UMask=002

これはもともとのhttpd.serviceを読み込んで、
umaskの設定だけ追加している。

systemdのリロード

[root@localhost system]# systemctl --system daemon-reload

systemdのログを確認

[root@localhost system]# journalctl -n

※参考
systemd のログを確認する journalctl

systemd のログを確認する journalctl

apache再起動

[root@localhost system]# systemctl restart httpd.service

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です