作者別: mogumagu

MINECRAFTサーバーのアップデートメモ

MINECRAFTサーバーのアップデートメモ

以前↓の記事を参考にマインクラフトサーバーを設置していた。

ひとり勉強ログ:CentOS7.1にマインクラフトのマルチサーバーをインストールする方法

その後、家のPCをHDDからSSDに換装した際にPCのマインクラフトのバージョンが
あがってしまいサーバーに接続できなくなったのでやむなくサーバーのバージョンを
アップすることに。

マインクラフトサーバのアップデート手順

とりあえず.jarのバージョンをアップすればいいらしいのでやってみる。

・サーバにminecraftユーザでログイン
・/usr/local/games/minecraft/に移動
・$ ./mc_stop.sh でサーバ停止
・公式の「PC/MAC用のMINECRAFTサーバーをダウンロードする」から「minecraft_server.xxx.xxx.jar」をダウンロード
・ダウンロードした「minecraft_server.xxx.xxx.jar」を「minecraft_server.jar」にリネーム
・$ ./mc_start.sh でサーバ起動

できた

CentOS7でyumでインストールしたPHP7.0をPHP7.1にアップデートする

CentOS7でyumでインストールしたPHP7.0をPHP7.1にアップデートする

作業メモ

■OSの確認

# cat /etc/redhat-release 
CentOS Linux release 7.2.1511 (Core) 

■現在のPHPの確認

# php -v
PHP 7.0.13 (cli) (built: Nov  8 2016 20:16:29) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies

■「remi-php71.repo」があるか確認する

# cat /etc/yum.repos.d/remi-php71.repo 
# This repository only provides PHP 7.1 and its extensions
# NOTICE: common dependencies are in "remi-safe"

[remi-php71]
name=Remi's PHP 7.1 RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php71/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php71/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php71-debuginfo]
name=Remi's PHP 7.1 RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch - debuginfo
baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/debug-php71/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php71-test]
name=Remi's PHP 7.1 test RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/test71/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/test71/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php71-test-debuginfo]
name=Remi's PHP 7.1 test RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch - debuginfo
baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/debug-test71/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

■php71が表示されるのを確認する

# yum search php
・・・
php71.x86_64 : Package that installs PHP 7.1
php71-php.x86_64 : PHP scripting language for creating dynamic web sites
・・・

■udpateする

# yum update php --enablerepo=remi-php71

■バージョンの確認

# php -v
PHP 7.1.7 (cli) (built: Jul  6 2017 13:31:15) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group

※apacheの再起動なども忘れずに。

Vagrantで別セグメントからアクセスする必要があるときの対処

Vagrantで別セグメントからアクセスする必要があるときの対処

ネットワークを変更してVLANとか切ったら別セグメントから
Vagrantで設置したwebサーバにアクセスできなかったのでメモ。

※結局VirtualBoxのゲストOSのネットワーク設定話です。

ホスト:192.168.1.10
ゲスト:192.168.1.110
アクセスするPC:192.168.6.10

元々以下のようのな設定になっていた

config.vm.network "public_network", ip: "192.168.1.110", bridge: "Intel(R) Ethernet Connection (2) I219-V"

これだとアクセスするPCからゲストにアクセスできなかった。
以下のようにnetmaskを広げて対応した。

config.vm.network "public_network", ip: "192.168.1.110", netmask: "255.255.0.0", bridge: "Intel(R) Ethernet Connection (2) I219-V"

namazuでカタカナで「エラー!」と表示された件

直したメモ。

namazuで全文検索を行っていたサイトで特定のワードで
検索結果画面にカタカナで「エラー!」と表示されてしまう現象に遭遇した。

事前の大量のファイルを削除したのでインデックスが壊れたのかと思って
色々と「mknmz」の設定を変更したけど解決しなかった。

最終的には「gcnmz」というコマンドを知り、ゴミを掃除してから
インデックスを再構築したら直った。
「gcnmz」したらmknmzもすっごい早くなった。

公式ではここにちょっとだけ紹介されていた。。

文書の更新・削除に対応インデック スの更新

参考になったのは以下のページ

MountainBigRoad.JP 4 ) 文書の更新・削除に伴うインデックスの掃除

SMART gcnmz インデックス内の不要データの削除

cronでmknmzしていたスクリプトにgcnmzも合わせて実行するように設定変更しておいた。

CentOS7、PHP7の環境にNextcloudをインストール

CentOS7、PHP7の環境にNextcloudをインストール

ファイル共有がしたくなったのでOSSを探した。

ownCloudがphpの関係で上手くインストールできなかったので
新しいっぽいnextcloudをインストールすることにする。

CentOS7、PHP7、Mariadbは設定済み

https://nextcloud.com/install/
↑のページの「Get Nextcloud Server」の「Download」をクリックして表示されたダイアログ内の「Download Nextcloud」の
URLをコピーしてwgetする。

# wget https://download.nextcloud.com/server/releases/nextcloud-12.0.0.zip
# unzip nextcloud-12.0.0.zip 
# mv nextcloud /var/www/
# chown -R apache:apache /var/www/nextcloud

足りなかったので追加

# yum install --enablerepo=remi,remi-php70 php-pecl-zip

webサーバの設定追加

# pwd
/etc/httpd/conf.d
# cat nextcloud.conf 
Alias /nextcloud "/var/www/nextcloud/"
<Directory /var/www/nextcloud/>
Options +FollowSymlinks
AllowOverride All
<IfModule mod_dav.c>
Dav off
</IfModule>
SetEnv HOME /var/www/nextcloud
SetEnv HTTP_HOME /var/www/nextcloud
</Directory>

webサーバ再起動

# systemctl restart httpd

http://ドメイン/nextcloud

にアクセス。

画面の誘導に沿って設定すればOK。
※MariaDBを使うようにした。

■参考URL

Azure上のCentOSにNextcloudを構築!!
さらばDropbox! 企業やチームのストレージにNextcloudが注目される理由

hotmailなどMicrosoftのメールアドレスにメールが送れなかった(550 SC-001)時の対応メモ

システムからhotmailにメールを送ったら以下のエラーメールが返ってきて
メールが送れなかったので対処した方法をメモします。

This is the mail system at host ***.***.***.

I’m sorry to have to inform you that your message could not
be delivered to one or more recipients. It’s attached below.

For further assistance, please send mail to postmaster.

If you do so, please include this problem report. You can
delete your own text from the attached returned message.

The mail system

<*********@hotmail.co.jp>: host mx2.hotmail.com[***.***.***.***] said: 550
SC-001 (SNT004-MC1F36) Unfortunately, messages from xxx.xxx.xxx.xxx weren’t
sent. Please contact your Internet service provider since part of their
network is on our block list. You can also refer your provider to
http://mail.live.com/mail/troubleshooting.aspx#errors. (in reply to MAIL
FROM command)

※ipやドメインやメアドは伏せています。

調べてみると以下の記事を発見。

hotmailやoutlook.comでSC-001と言われメールが送れない時の対応

記事の通り以下のフォームから申請をしてみる。
https://support.microsoft.com/en-us/getsupport?oaspworkflow=start_1.0.0.0&wfname=capsub&productkey=edfsmsbl3&ccsid=635660384219463241

日本語の申請フォーム↓もあるけど、訳が間違っているので注意
https://support.microsoft.com/ja-jp/getsupport?oaspworkflow=start_1.0.0.0&wfname=capsub&productkey=edfsmsbl3&locale=ja-JP&ccsid=636240290629022258

※例)二番目の質問の日本語が間違っているので注意。
What domain are you sending to? ⇒ どのドメインから送信していますか? ×
What domain are you sending to? ⇒ どのドメインに送信していますか? ○

申請をすると、受付完了メールが届き、その30分後位に以下の文面のメールを受信。

Dear ××××××

We have completed reviewing the IP(s) you submitted. The following
table contains the results of our investigation.

Conditionally mitigated
xxx.xxx.xxx.xxx
Our investigation has determined that the above IP(s) qualify for
conditional mitigation. These IP(s) have been unblocked, but may be
subject to low daily email limits until they have established a good
reputation.

Please note that mitigating this issue does not guarantee that your
email will be delivered to a user’s inbox.

Ongoing complaints from users will result in removal of the mitigation.

Mitigation may take 24 – 48 hours to replicate completely throughout
our system.

If you feel your issue is not yet resolved, please reply to this email
and one of our support team members will contact you for further
investigation.

 

一応24 – 48時間で緩和してくれるみたいです。

Microsoft系のメールアドレスはブロックされるケースが多くて困ります。。。

 

■その他参考サイト
hotmailやoutlook.comでSC-001と言われメールが送れない時の対応

スクリーンリーダーの「NVDA」でFirefoxとChromeで「未定義」

スクリーンリーダーの「NVDA」でFirefoxとChromeで「未定義」と出て読み上げられない人がいたので調査。

最終的に直ったのはこのコマンド

管理者権限でコマンドプロンプトを立ち上げて以下を入力。

C:\Windows\SysWOW64 regsvr32 oleacc.dll 

※64bit版をインストールしているので「C:\Windows\SysWOW64」で実行しました。

NVDA 2016.3 not working – help?

チケット #32464

ClamAVからVirus Foundのメールが来た

ClamAVからVirus Foundのメールが来た。

「発見」⇒「即削除」から「発見」⇒「通知」⇒「手動削除」のフローに変えてから
初めてメールが来たのでちょっと驚く。

対象ファイルはこれ。

/home/***/.composer/cache/files/symfony/symfony/74f61c9a4abb84d0995ee346f00aeb53f7cb1b12.zip: Win.Trojan.Toa-5372190-0 FOUND

「Dec 23, 2016, 3:45 PM」に更新された模様。

Signatures Published daily – 22765

キャッシュファイルだし、自分で触った際にできたファイルだから
問題無いと思うけど念のためダウンロードしてウイルスソフトでも検査。

大丈夫だったのでホワイトリストに入れるか検討する。

同じような人も発見
https://twitter.com/AndyBeak/status/812632192107106304

追記 2016/12/27

「Dec 25, 2016, 7:49 PM 」に「Dropped Detection Signatures: 」になった。
Signatures Published daily – 22778

で、新たに「Win.Trojan.Toa-5370166-0」が見つかった。。

/home/***/.composer/cache/files/phpunit/phpunit/72ee2dd5dce111bfd7824e8702ad764dd2d1f273.zip: Win.Trojan.Toa-5370166-0 FOUND

こっちも同様に困惑している人を発見
https://twitter.com/mayuco_maid/status/813560405175857153

数日様子を見る。

追記 2016/12/28

「Win.Trojan.Toa-5370166-0」は「Dec 26, 2016, 11:51 AM 」に「Dropped Detection Signatures: 」になった。
というかこの日は「Dropped Sigs: 11296 」ってどういうことなのか・・・。

Signatures Published daily – 22782

AngularJSでCalendarを表示する

カスタマイズできるのカレンダーが必要になったのでざっくり実装。

AngularJSでカレンダーを描画してみる。
合わせて、モーダルウィンドウ上でもカレンダーを表示してみる。

デモはこちら

サンプルソースコードはこちら

Mo3g4u/AngularJSCalendarSample

angularjscalendarsample

バックエンドに問い合わせて、月のカレンダーを受け取り
描画しているだけ。

バックエンドが返すデータに予約枠数とか、リンクなどを
含めれば予約カレンダーみたいなものができる想定。

AngularJSでデータ構造をjsonで画面に表示したい

久しぶりに触ってまったく思い出せなかったのでメモ。

$logとかでコンソールログに出すほどじゃないけど、データが
今どうなっているか確認したい場合は以下のようにすれば画面に表示される。


<pre>
  {{data | json}}
</pre>

表示したいデータが「data」で「json」フィルタに通す。

/API Reference/ng/filter components in ng/json