Apache2.4の「HttpProtocolOptions」と「400 Bad Request」

昔perlで作ったSocketを使って外部のサーバからHTTPリクエストでデータを
取ってくるプログラムでデータがとってこれなくなっていた。

エラーの内容は「400 Bad Request」

調べてみるとデータを取りに行く先のサーバのApacheのバージョンが2.4に上がっていた。

色々テストプログラムを書いてみると、
リクエストヘッダを送るところの改行コードが「LF」なのが問題だった。
改行コードを「CRLF」にしたら解決。

HttpProtocolOptions Directive

Apache2.4は「HttpProtocolOptions」ディレクティブのデフォルトが「Strict」になっており、
この指定が厳密な解釈をすることでリクエストの改行がLFだけだったりすると、エラーになるようです。

最初リクエストヘッダの送信をヒアドキュメントで書いてて改行コードに全然気づかなくて時間がかかった。。

YAMAHA RT1210 簡易内部DNSサーバに設定追加

YAMAHA RT1210 簡易内部DNSサーバに設定追加

DNSリカーシブサーバって何ですか?

上記ページに「静的DNSレコードの登録機能 (簡易DNSサーバ機能) 」というのがあったので設定してみる。

27.11 静的 DNS レコードの登録

■書式

ip host fqdn value [ttl=ttl]

■設定例

ip host xxxx.mogumagu.com 192.168.3.100

RTX1210の管理画面にある「管理」⇒「コマンドの実行」で設定した。

SymfonyのアプリをAlpineコンテナに構築する際にgrep関係でつまずいた

Symfony2.8から3系のLTSにアップデートするためにまずは環境構築をと思い、
今までの開発環境からコンテナの開発環境に移行する時に起きた問題。

■今までの開発環境
CentOS6
PHP5.6.3
MySQL5.5

■今回試した開発環境
Docker
httpd:2.4.25-alpine
php:5.6-fpm-alpine
mysql:5.5

環境を構築してからソースをgit cloneして
設置していく際に以下のエラーが発生。

You have requested a non-existent service “*****************”.

サービスは読み込まれているか以下のコマンドで確認。

# ./app/console debug:container
/bin/grep: unrecognized option: fixed-strings
BusyBox v1.24.2 (2017-11-23 08:52:33 GMT) multi-call binary.

Usage: grep [-HhnlLoqvsriwFE] [-m N] [-A/B/C N] PATTERN/-e PATTERN.../-f FILE [FILE]...

Search for PATTERN in FILEs (or stdin)

        -H      Add 'filename:' prefix
        -h      Do not add 'filename:' prefix
        -n      Add 'line_no:' prefix
        -l      Show only names of files that match
        -L      Show only names of files that don't match
        -c      Show only count of matching lines
        -o      Show only the matching part of line
        -q      Quiet. Return 0 if PATTERN is found, 1 otherwise
        -v      Select non-matching lines
        -s      Suppress open and read errors
        -r      Recurse
        -i      Ignore case
        -w      Match whole words only
        -x      Match whole lines only
        -F      PATTERN is a literal (not regexp)
        -E      PATTERN is an extended regexp
        -m N    Match up to N times per file
        -A N    Print N lines of trailing context
        -B N    Print N lines of leading context
        -C N    Same as '-A N -B N'
        -e PTRN Pattern to match
        -f FILE Read pattern from file

Symfony Container Public Services
=================================
・・・
いつもより少ないサービス一覧
・・・

するといつもより少ない。。
あと、以下の部分が気になる。

/bin/grep: unrecognized option: fixed-strings
BusyBox v1.24.2 (2017-11-23 08:52:33 GMT) multi-call binary.

もしかしたらBusyBoxのgrepに何かあるんじゃないかということで、

JMS\DiExtraBundleの設定を変更してみる。
https://jmsyst.com/bundles/JMSDiExtraBundle/master/configuration
「disable_grep: true」を追加。

Symfony/app/config/config.yml

jms_di_extra:
    locations:
        all_bundles: false
        bundles: [AppBundle]
        directories: ["%kernel.root_dir%/../src"]

↓に変更

jms_di_extra:
    locations:
        all_bundles: false
        bundles: [AppBundle]
        directories: ["%kernel.root_dir%/../src"]
    disable_grep: true

とりあえず動いた。

WordPressの点検

WordPressの脆弱性を悪用されて、エックスサーバーからアクセス制限をかけられた話

↑のブログを読んで細かな対策は都度行っていたけど脆弱性の点検はしていなかったので点検してみる。

ワードプレスをURLで検査してサイトの脆弱性を調べましょう

結果は

[要緊急対応]readme.htmlがワードプレスのバージョンを漏洩しています
といくつかの[注意]ヘッダー出力(情報漏洩の可能性)でした。

「readme.html」を削除してとりあえず対策は完了。

ただヘッダー出力の内容が気に食わなかったのでこちらを参考にセキュリティ関係の設定をファイルにまとめるように変更。

CentOS7のApacheの設定

バージョン確認

# httpd -v
Server version: Apache/2.4.6 (CentOS)

設定の追加

# vim /etc/httpd/conf.d/security.conf

# バージョン情報の隠蔽
ServerTokens Prod
Header unset X-Powered-By
# サーバ署名(バージョンとサーバ名)のOFF
ServerSignature Off
# httpoxy 対策
RequestHeader unset Proxy
# クリックジャッキング対策
Header append X-Frame-Options SAMEORIGIN
# XSS対策
Header set X-XSS-Protection "1; mode=block"
Header set X-Content-Type-Options nosniff
# XST対策
TraceEnable Off

チェックとリスタート

# httpd -t
# systemctl restart httpd.service

もう一度チェックすると新しく設定したHeaderが表示されたけど
この内容なら大丈夫なはず。

WordPressは本当に立てるのは簡単だけど、
メンテナンスをちゃんとしないと危険。。

今後は定期的にチェックしていく。

Dockerのゲストコンテナ内からホストのsendmailを使ってメールを送信する

Dockerのゲストコンテナ内からホストのsendmailを使ってメールを送信する

※※※開発環境用の設定なので公開サーバでこの設定は行わない。※※※

■やりたいこと
ホストのCentOS7のsendmailを使ってコンテナ内からメールを送りたい
そのままの状態だと接続に失敗している

■ホストの構成
VagrantにCentOS7をインストールしてそこにDockerを入れている

■ゲスト側からホストのIPを把握する

# ip route
default via 172.18.0.1 dev eth0 
172.18.0.0/16 dev eth0  proto kernel  scope link  src 172.18.0.2 

この場合ホストのIPは「172.18.0.1」

■ホスト側の最初の状態

# netstat -an | grep 25
tcp        0      0 127.0.0.1:25            0.0.0.0:*               LISTEN

ローカル127.0.0.1からのSMTPだけ受け付けている状態
ホスト側のsendmailでローカル以外からもSMTPを受け付けるようにする必要がある

■設定ファイルをコピーして、ローカルだけに制限している行を無効化する

# cp /etc/mail/sendmail.mc /etc/mail/sendmail.mc.org
# vim /etc/mail/sendmail.mc
# diff /etc/mail/sendmail.mc.org /etc/mail/sendmail.mc
118c118
< DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp,Addr=127.0.0.1, Name=MTA')dnl
---
> dnl DAEMON_OPTIONS(`Port=smtp,Addr=127.0.0.1, Name=MTA')dnl

■「sendmail.mc」を「sendmail.cf」へ変換する

# m4 sendmail.mc > sendmail.cf
-bash: m4: command not found

入ってなかった。。

■ツールが入っていないのでインストール

# yum -y install sendmail-cf

これで「m4」が入る

■もう一度変換

# cd /etc/mail/
# m4 sendmail.mc > sendmail.cf

■リレーを許可するIPを指定する

# cp /etc/mail/access /etc/mail/access_org
# vim /etc/mail/access
# cat /etc/mail/access
Connect:localhost.localdomain           RELAY
Connect:localhost                       RELAY
Connect:127.0.0.1                       RELAY
Connect:XXX.XXX.XXX.XXX                 RELAY <- ゲストIP追加 172.17.0.0など

■再起動

# systemctl restart sendmail.service

■確認

# netstat -an | grep 25
tcp        0      0 0.0.0.0:25              0.0.0.0:*               LISTEN

あとはfirewallなど適切に設定すればOK

WindowsにインストールしたVagrantゲストのストレージ容量を増やす

Linuxのvagrantに対してはやったことあったけどWindowsでやったことなかったのでメモ。

ちなみにCドライブが足りなくなりそうになったので事前に以下の記事を頼りにVirtualBoxとVagrantをDドライブに引っ越し。

WindowsでVagrant環境を作ろう!容量足りない場合は作業フォルダ変更で対応

※引っ越しはいろいろトラブルがでるので素直に入れなおしたほうがいいかもしれない。

以下ストレージの拡張手順(Linuxでやった時とほぼ同じだけどPowerShellが辛かった)

【Windows側の作業】

■作業フォルダ確認(拡張対象ゲストのストレージファイルvmdkの確認)

PS D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618> dir


    ディレクトリ: D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-----       2017/10/13     15:31                Logs
-a----       2017/10/13     15:39     2050097152 box-disk1.vmdk
-a----       2017/10/13     15:39           4543 Docker_default_1507875958159_4618.vbox
-a----       2017/10/13     15:31           4543 Docker_default_1507875958159_4618.vbox-prev

■vmdkをvdiに変換

PS D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618> & 'C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe' clonehd box-disk1.vmdk box-disk1.vdi --format VDI
0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%
Clone medium created in format 'VDI'. UUID: dc5bade4-95e3-41b6-ba02-f42ead82b5b8
PS D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618> dir


    ディレクトリ: D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618


Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-----       2017/10/13     15:31                Logs
-a----       2017/10/13     15:51     2065694720 box-disk1.vdi
-a----       2017/10/13     15:39     2050097152 box-disk1.vmdk
-a----       2017/10/13     15:51           4543 Docker_default_1507875958159_4618.vbox
-a----       2017/10/13     15:39           4543 Docker_default_1507875958159_4618.vbox-prev

■100GBにvdiのサイズ変更(100 * 1024MB = 102400)

PS D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618> & 'C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe' modifyhd box-disk1.vdi --resize 102400
0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100%
PS D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618>

■できたvdiの確認

PS D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618> & 'C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe' showhdinfo box-disk1.vdi
UUID:           dc5bade4-95e3-41b6-ba02-f42ead82b5b8
Parent UUID:    base
State:          created
Type:           normal (base)
Location:       D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618\box-disk1.vdi
Storage format: VDI
Format variant: dynamic default
Capacity:       102400 MBytes
Size on disk:   1970 MBytes
Encryption:     disabled
PS D:\work\VirtualBox VMs\Docker_default_1507875958159_4618>

■GUIでvdiの追加とvmdkの削除

■HDDをVDIに差し替えたらゲストを起動

【ゲスト側の作業】

■fdiskで/dev/sdaの容量が増えている事を確認する。

[root@localhost ~]# fdisk -l

Disk /dev/sda: 107.4 GB, 107374182400 bytes, 209715200 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk label type: dos
Disk identifier: 0x000944b9

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *        2048     1026047      512000   83  Linux
/dev/sda2         1026048    20766719     9870336   8e  Linux LVM

Disk /dev/mapper/centos-root: 8996 MB, 8996782080 bytes, 17571840 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes


Disk /dev/mapper/centos-swap: 1065 MB, 1065353216 bytes, 2080768 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes

■パーティションを追加

[root@localhost ~]# fdisk /dev/sda
Welcome to fdisk (util-linux 2.23.2).

Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.


Command (m for help): n
Partition type:
   p   primary (2 primary, 0 extended, 2 free)
   e   extended
Select (default p): 
Using default response p
Partition number (3,4, default 3): 3
First sector (20766720-209715199, default 20766720): 
Using default value 20766720
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (20766720-209715199, default 209715199): 
Using default value 209715199
Partition 3 of type Linux and of size 90.1 GiB is set

Command (m for help): p

Disk /dev/sda: 107.4 GB, 107374182400 bytes, 209715200 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk label type: dos
Disk identifier: 0x000944b9

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *        2048     1026047      512000   83  Linux
/dev/sda2         1026048    20766719     9870336   8e  Linux LVM
/dev/sda3        20766720   209715199    94474240   83  Linux

「/dev/sda3」が追加された

■/dev/sda3のシステムをLinux LVMにする

Command (m for help): t
Partition number (1-3, default 3): 3
Hex code (type L to list all codes): 8e
Changed type of partition 'Linux' to 'Linux LVM'

Command (m for help): p

Disk /dev/sda: 107.4 GB, 107374182400 bytes, 209715200 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk label type: dos
Disk identifier: 0x000944b9

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *        2048     1026047      512000   83  Linux
/dev/sda2         1026048    20766719     9870336   8e  Linux LVM
/dev/sda3        20766720   209715199    94474240   8e  Linux LVM

■反映して終了する

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.

WARNING: Re-reading the partition table failed with error 16: Device or resource busy.
The kernel still uses the old table. The new table will be used at
the next reboot or after you run partprobe(8) or kpartx(8)
Syncing disks.

■ゲストの再起動

# shutdown -r now

■Physical Volumeの状態を確認

[root@localhost ~]# pvdisplay
  --- Physical volume ---
  PV Name               /dev/sda2
  VG Name               centos
  PV Size               9.41 GiB / not usable 3.00 MiB
  Allocatable           yes 
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              2409
  Free PE               10
  Allocated PE          2399
  PV UUID               P0ooC6-nfdy-vZkK-cniC-MG1G-2dIn-t1115F

■pvcreateコマンドでPhysical Volumeを作成する。

[root@localhost ~]# pvcreate /dev/sda3
  Physical volume "/dev/sda3" successfully created.

■作成内容を確認。

[root@localhost ~]# pvdisplay
  --- Physical volume ---
  PV Name               /dev/sda2
  VG Name               centos
  PV Size               9.41 GiB / not usable 3.00 MiB
  Allocatable           yes 
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              2409
  Free PE               10
  Allocated PE          2399
  PV UUID               P0ooC6-nfdy-vZkK-cniC-MG1G-2dIn-t1115F
   
  "/dev/sda3" is a new physical volume of "<90.10 GiB"
  --- NEW Physical volume ---
  PV Name               /dev/sda3
  VG Name               
  PV Size               <90.10 GiB
  Allocatable           NO
  PE Size               0   
  Total PE              0
  Free PE               0
  Allocated PE          0
  PV UUID               54AaA1-O1Wt-IR5v-dq03-8ahU-et00-tIgoZI

■Volume GroupにPhysical Volumeを追加する

[root@localhost ~]# vgextend centos /dev/sda3
  Volume group "centos" successfully extended

■Volume Groupの確認

[root@localhost ~]# vgdisplay
  --- Volume group ---
  VG Name               centos
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        2
  Metadata Sequence No  5
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                2
  Open LV               2
  Max PV                0
  Cur PV                2
  Act PV                2
  VG Size               99.50 GiB
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              25473
  Alloc PE / Size       2399 / 9.37 GiB
  Free  PE / Size       23074 / 90.13 GiB
  VG UUID               WvQvjv-xDJK-VV4R-tIf0-tXwC-GXMB-H9V2pw

■Logical Volumeの容量を増やす
増やしたいマウントポイントのLogical Volumeをdfコマンドで確認。

[root@localhost ~]# df -h
Filesystem               Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/centos-root  8.4G  1.4G  7.0G  17% /
devtmpfs                 1.9G     0  1.9G   0% /dev
tmpfs                    1.9G     0  1.9G   0% /dev/shm
tmpfs                    1.9G  8.4M  1.9G   1% /run
tmpfs                    1.9G     0  1.9G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1                497M  109M  389M  22% /boot
tmpfs                    380M     0  380M   0% /run/user/1001

今回の対象は「/dev/mapper/centos-root」

■lvdisplayコマンドでLogical Volumeの詳細を確認。

[root@localhost ~]# lvdisplay
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/centos/swap
  LV Name                swap
  VG Name                centos
  LV UUID                CpIsLo-dOUb-SSCf-Xql9-l6Kv-3jfu-W0Lxs8
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time localhost, 2015-07-14 05:07:53 +0000
  LV Status              available
  # open                 2
  LV Size                1016.00 MiB
  Current LE             254
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     8192
  Block device           253:1
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/centos/root
  LV Name                root
  VG Name                centos
  LV UUID                5g6VL9-tahk-ioUm-sPyh-F7Ws-RQF8-SOw6Th
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time localhost, 2015-07-14 05:07:54 +0000
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                <8.38 GiB
  Current LE             2145
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     8192
  Block device           253:0

■Logical Volumeのサイズを拡張。(計算しなくてもいいバージョン)

[root@localhost ~]# lvextend -l +100%FREE /dev/centos/root
  Size of logical volume centos/root changed from <8.38 GiB (2145 extents) to 98.51 GiB (25219 extents).
  Logical volume centos/root successfully resized.

■Logical Volumeの確認。

[root@localhost ~]# lvdisplay 
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/centos/swap
  LV Name                swap
  VG Name                centos
  LV UUID                CpIsLo-dOUb-SSCf-Xql9-l6Kv-3jfu-W0Lxs8
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time localhost, 2015-07-14 05:07:53 +0000
  LV Status              available
  # open                 2
  LV Size                1016.00 MiB
  Current LE             254
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     8192
  Block device           253:1
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/centos/root
  LV Name                root
  VG Name                centos
  LV UUID                5g6VL9-tahk-ioUm-sPyh-F7Ws-RQF8-SOw6Th
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time localhost, 2015-07-14 05:07:54 +0000
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                98.51 GiB
  Current LE             25219
  Segments               2
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     8192
  Block device           253:0

【ここからファイルシステムのリサイズ】
■CentOS7でファイルシステムがxfsだったのでresize2fsの代わりにxfs_growfsを使用

[root@localhost ~]# xfs_growfs /dev/centos/root 
meta-data=/dev/mapper/centos-root isize=256    agcount=4, agsize=549120 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=0        finobt=0 spinodes=0
data     =                       bsize=4096   blocks=2196480, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=0
log      =internal               bsize=4096   blocks=2560, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 2196480 to 25824256

ストレージの拡張完了

[root@localhost ~]# df -h
Filesystem               Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/centos-root   99G  1.4G   98G   2% /
devtmpfs                 1.9G     0  1.9G   0% /dev
tmpfs                    1.9G     0  1.9G   0% /dev/shm
tmpfs                    1.9G  8.4M  1.9G   1% /run
tmpfs                    1.9G     0  1.9G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1                497M  109M  389M  22% /boot
tmpfs                    380M     0  380M   0% /run/user/1001

これでDockerコンテナ沢山使える。

MINECRAFTサーバーのアップデートメモ

MINECRAFTサーバーのアップデートメモ

以前↓の記事を参考にマインクラフトサーバーを設置していた。

ひとり勉強ログ:CentOS7.1にマインクラフトのマルチサーバーをインストールする方法

その後、家のPCをHDDからSSDに換装した際にPCのマインクラフトのバージョンが
あがってしまいサーバーに接続できなくなったのでやむなくサーバーのバージョンを
アップすることに。

マインクラフトサーバのアップデート手順

とりあえず.jarのバージョンをアップすればいいらしいのでやってみる。

・サーバにminecraftユーザでログイン
・/usr/local/games/minecraft/に移動
・$ ./mc_stop.sh でサーバ停止
・公式の「PC/MAC用のMINECRAFTサーバーをダウンロードする」から「minecraft_server.xxx.xxx.jar」をダウンロード
・ダウンロードした「minecraft_server.xxx.xxx.jar」を「minecraft_server.jar」にリネーム
・$ ./mc_start.sh でサーバ起動

できた

CentOS7でyumでインストールしたPHP7.0をPHP7.1にアップデートする

CentOS7でyumでインストールしたPHP7.0をPHP7.1にアップデートする

作業メモ

■OSの確認

# cat /etc/redhat-release 
CentOS Linux release 7.2.1511 (Core) 

■現在のPHPの確認

# php -v
PHP 7.0.13 (cli) (built: Nov  8 2016 20:16:29) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies

■「remi-php71.repo」があるか確認する

# cat /etc/yum.repos.d/remi-php71.repo 
# This repository only provides PHP 7.1 and its extensions
# NOTICE: common dependencies are in "remi-safe"

[remi-php71]
name=Remi's PHP 7.1 RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php71/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/php71/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php71-debuginfo]
name=Remi's PHP 7.1 RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch - debuginfo
baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/debug-php71/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php71-test]
name=Remi's PHP 7.1 test RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/test71/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/test71/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

[remi-php71-test-debuginfo]
name=Remi's PHP 7.1 test RPM repository for Enterprise Linux 7 - $basearch - debuginfo
baseurl=http://rpms.remirepo.net/enterprise/7/debug-test71/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi

■php71が表示されるのを確認する

# yum search php
・・・
php71.x86_64 : Package that installs PHP 7.1
php71-php.x86_64 : PHP scripting language for creating dynamic web sites
・・・

■udpateする

# yum update php --enablerepo=remi-php71

■バージョンの確認

# php -v
PHP 7.1.7 (cli) (built: Jul  6 2017 13:31:15) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group

※apacheの再起動なども忘れずに。

Vagrantで別セグメントからアクセスする必要があるときの対処

Vagrantで別セグメントからアクセスする必要があるときの対処

ネットワークを変更してVLANとか切ったら別セグメントから
Vagrantで設置したwebサーバにアクセスできなかったのでメモ。

※結局VirtualBoxのゲストOSのネットワーク設定話です。

ホスト:192.168.1.10
ゲスト:192.168.1.110
アクセスするPC:192.168.6.10

元々以下のようのな設定になっていた

config.vm.network "public_network", ip: "192.168.1.110", bridge: "Intel(R) Ethernet Connection (2) I219-V"

これだとアクセスするPCからゲストにアクセスできなかった。
以下のようにnetmaskを広げて対応した。

config.vm.network "public_network", ip: "192.168.1.110", netmask: "255.255.0.0", bridge: "Intel(R) Ethernet Connection (2) I219-V"

namazuでカタカナで「エラー!」と表示された件

直したメモ。

namazuで全文検索を行っていたサイトで特定のワードで
検索結果画面にカタカナで「エラー!」と表示されてしまう現象に遭遇した。

事前の大量のファイルを削除したのでインデックスが壊れたのかと思って
色々と「mknmz」の設定を変更したけど解決しなかった。

最終的には「gcnmz」というコマンドを知り、ゴミを掃除してから
インデックスを再構築したら直った。
「gcnmz」したらmknmzもすっごい早くなった。

公式ではここにちょっとだけ紹介されていた。。

文書の更新・削除に対応インデック スの更新

参考になったのは以下のページ

MountainBigRoad.JP 4 ) 文書の更新・削除に伴うインデックスの掃除

SMART gcnmz インデックス内の不要データの削除

cronでmknmzしていたスクリプトにgcnmzも合わせて実行するように設定変更しておいた。