月別: 2012年3月

CentOS6.2をホストにしてopenVZ入れてコンテナのバックアップとバックアップからのコンテナの作成メモ

タイトルの通り・・・
CentOS6.2をホストにしてopenVZ入れてコンテナのバックアップとバックアップからのコンテナの作成メモ

環境CentOS6.2

■openVZのインストール自体は以下のサイトを参考に

Installing And Using OpenVZ On CentOS 6.0

■vzdumpのインストール

◇ダウンロードしてインストールしてみる。

#wget http://download.openvz.org/contrib/utils/vzdump/vzdump-1.2-4.noarch.rpm
#rpm -i vzdump-1.2-4.noarch.rpm

◇足りないって言われる

エラー: 依存性の欠如:
		cstream は vzdump-1.2-4.noarch に必要とされています
		perl(LockFile::Simple) は vzdump-1.2-4.noarch に必要とされています

◇足りないものを入れる為にrpmforgeリポジトリの追加

#rpm -ivh http://apt.sw.be/redhat/el6/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.i686.rpm
#rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt

◇設定ファイルでenabledを全部0にしておく

#vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
#cat /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo |grep enabled

◇vzdumpで必要とされたものをinstall

#yum --enablerepo=rpmforge install cstream
#yum --enablerepo=rpmforge install perl-LockFile-Simple

◇再度インストール

#rpm -i vzdump-1.2-4.noarch.rpm

■コンテナのバックアップのとり方

◇サスペンドにして圧縮してバクアップをとる方式で

#vzdump -suspend -compress ID
#cd /vz/dump/
#ls -al

バックアップ取れてるか確認

[root@cent6_2dev dump]# ll
合計 265564
-rw-r--r-- 1 root root      3046  3月  8 11:08 2012 vzdump-openvz-220-2012_03_08-11_05_41.log
-rw-r--r-- 1 root root 271930677  3月  8 11:08 2012 vzdump-openvz-220-2012_03_08-11_05_41.tgz

■バックアップを利用してコンテナを作成する場合

◇元々コンテナID220でIPも220なものをコンテナID221、IP221で複製する場合

#vzrestore /vz/dump/vzdump-openvz-220-2012_03_08-11_05_41.tgz 221
#vzctl set 221 --hostname dev2.artis.com --save
#vzctl set 221 --ipadd 192.168.1.221 --save
#vim /etc/vz/conf/221.conf //IPが追加になっちゃうので前のIPを消す
#vzctl start 221 

その後はサーバに接続してIPに関連する箇所を修正する