カテゴリー: Symfony2

基本からしっかり学ぶSymfony2入門 9章メモ

基本からしっかり学ぶSymfony2入門をやっていて、
9章のフィクスチャの読み込み(p271)で以下のようなエラーが出てしまったので調べたメモ。

$ php app/console doctrine:fixtures:load
Careful, database will be purged. Do you want to continue y/N ?y
  > purging database


  [Symfony\Component\Debug\Exception\FatalThrowableError]                                        
  Fatal error: Call to undefined method Doctrine\ORM\Internal\CommitOrderCalculator::addClass()  


doctrine:fixtures:load [--fixtures [FIXTURES]] [--append] [--em EM] [--shard SHARD] [--purge-with-truncate] [--multiple-transactions]

すると以下のページが見つかった。
This should resolve changes made in the latest release of doctrine2 #212

lib/Doctrine/ORM/Internal/CommitOrderCalculator.php
が変わってしまっていてエラーが出るように・・・。

ここの修正をとりあえずあててみた。
https://github.com/macnibblet/data-fixtures/commit/e92a836acda145867d4fd5138d27e6d991e74954
lib/Doctrine/Common/DataFixtures/Purger/ORMPurger.php

$ php app/console doctrine:fixtures:load
Careful, database will be purged. Do you want to continue y/N ?y
  > purging database
  > loading AppBundle\DataFixtures\ORM\LoadInquiryData
  > loading AppBundle\DataFixtures\ORM\LoadConcertData
  > loading AppBundle\DataFixtures\ORM\BlogArticleLoader

一応動いた。

こっちも試してみた。

DoctrineFixturesBundle/composer.json

$ composer remove doctrine/doctrine-fixtures-bundle 
$ composer require doctrine/data-fixtures '~1.0'
$ php app/console doctrine:fixtures:load
Careful, database will be purged. Do you want to continue y/N ?y
  > purging database
  > loading AppBundle\DataFixtures\ORM\LoadInquiryData
  > loading AppBundle\DataFixtures\ORM\LoadConcertData
  > loading AppBundle\DataFixtures\ORM\BlogArticleLoader

Symfony2でmonologのログローテーション設定

Symfony2でmonologのログローテーション設定メモ。

いつの間にかlogファイルが大きくなっていたのでログのローテーションについて調べたメモ。

【Symfony2】モノログローテーション設定
http://www.starlod.net/symfony2-monolog.html

Monologのfingers_crossedがようやくわかった
http://d.hatena.ne.jp/Fivestar/20110801/1312217024

上記の2サイトを参考にしてprod環境で「fingers_crossed」の状態で
ログをローテーションするようにprodの設定を変更した。

app/config/config_prod.yml

monolog:
    handlers:
        main:
            type:         fingers_crossed
            action_level: error
            handler:      nested
        nested:
            type:   rotating_file
            max_files: 14
            path: "%kernel.logs_dir%/%kernel.environment%.log"
            level: debug

↑これで出来た。

【Symfony2】ScopeCrossingInjectionException ・・・

ScopeCrossingInjectionException ・・・
のエラーが出た時のメモ

use JMS\DiExtraBundle\Annotation as DI;

アノテーションを利用していて以下のようにInjectをした時にエラーが出た。

    /**
     * Constructor.
     *
     * @DI\InjectParams({
     *     "validatorHelper" = @DI\Inject("xxx_util.validator_helper"),
     * })
     * @param ValidatorHelperInterface $validatorHelper
     */
    public function __construct(
        ValidatorHelperInterface $validatorHelper
    ) {
        $this->injectedValidatorHelper = $validatorHelper;
    }

ScopeCrossingInjectionException: Scope Crossing Injection detected: The definition “************” references the service “xxx_util.validator_helper” which belongs to another scope hierarchy.
This service might not be available consistently.
Generally, it is safer to either move the definition “************” to scope “prototype”, or declare “container” as a child scope of “prototype”.
If you can be sure that the other scope is always active,
you can set the reference to strict=false to get rid of this error.

エラー文の最後に書いてあるように「strict=false」を追加すれば通った。

    /**
     * Constructor.
     *
     * @DI\InjectParams({
     *     "validatorHelper" = @DI\Inject("xxx_util.validator_helper", strict = false),
     * })
     * @param ValidatorHelperInterface $validatorHelper
     */
    public function __construct(
        ValidatorHelperInterface $validatorHelper
    ) {
        $this->injectedValidatorHelper = $validatorHelper;
    }

エラーをちゃんと最後まで読もう・・・。
■参考URL
Bundles/JMSDiExtraBundle/Annotations
http://jmsyst.com/bundles/JMSDiExtraBundle/master/annotations#inject

Symfony2既存のデータベースからEntityを作る方法メモ

How to generate Entities from an Existing Database

上記を参考に行ったけど、Resource/config/doctrine以下のxmlの設定を
利用するようになってしまい、あとでライフサイクルコールバックが使いづらくなったので
Entity内にマッピングされるようにEntityを作成する。

Symfony2.3.2の状態
まずはデータベースを作って、app/config/parameters.ymlに設定をしておく。

バンドルは↓と仮定します。
./src/Devel/TestBundle/

まず最初にDoctrineにデータベースの内部を調べさせて、
「./src/Devel/TestBundle/Resources/config/doctrine」以下にXMLのメタデータファイルを作成する。

$ php app/console doctrine:mapping:convert xml ./src/Devel/TestBundle/Resources/config/doctrine --from-database --force

次にメタデータを元にデータベース情報をマッピングしたEntitiyを作成する

$ php app/console doctrine:mapping:import DevelTestBundle annotation

一応リレーションも設定された状態でEntityができるのでうれしい。

XMLのメタデータファイルを削除しておく※これが大事

$ rm src/Devel/TestBundle/Resource/config/doctrine -rf

上記で作成したEntityはセッター、ゲッターがないので以下のコマンドで追加する

$ php app/console doctrine:generate:entities DevelTestBundle --no-backup

この状態で↓のページのCRUD生成を行うと素敵な状態からはじめられる。
Symfony2 でアプリを作る基礎

リレーション設定した状態でCRUDを作成すると、
新規登録時に__toStringが無いって言われるので、
Entityに__toStringメソッドを追加して表示したい内容を
返すとgood。