カテゴリー: RHEL

Mondo RescueをCentOS5で試してエラーが出た。

Mondo RescueをCentOS5で試してエラーが出た。

■OSのバージョン
CentOS release 5.9 (Final)

■その時点での最新をインストール

# mondoarchive --version
mondoarchive v3.2.1-r3456
See man page for help
# mindi --version
Mindi v3.0.1-r3456
# mkisofs --version
mkisofs 2.01 (cpu-pc-linux-gnu)

■実行!

# mondoarchive -Oi -gF -s 4480m -d /backup -E /backup

■エラーが発生。logに以下のように…faildが・・・。

DBG3: [Main] libmondo-fork.c->run_external_binary_with_percentage_indicator_NEW#685: Parent res = 256
INFO: Call to mkisofs to make ISO (ISO #1) ...failed
DBG1: [Main] libmondo-archive.c->make_iso_fs#1883: WARNING - make_iso_fs returned an error
DBG2: [Main] libmondo-archive.c->write_iso_and_go_on#3223: Retrying, at user's request...

■以下の情報を発見。
[Mondo-devel] Newest mondo error calling mkisofs

Yes, this is a regression for non RHEL 7 versions 🙁 Please use the
test of 3.2.2 that will be out soon to foix that + some other issues
reported since.

Cf: ftp://ftp.mondorescue.org/test/rhel/5

RHEL7以外のものはダメらしいのでテストの3.2.2を入れて試す。

ftp://ftp.mondorescue.org/test/rhel/5/x86_64/
mondorescue-test.repo

■リポジトリを削除してmondorescue-test.repoを入れなおす。

# yum --enablerepo=mondorescue-test install mondo
[root@www15172u ~]# mondoarchive --version
mondoarchive v3.2.220151218023212-r3492

■実行!

# mondoarchive -Oi -gF -s 4480m -d /backup -E /backup

出来た。
とりあえずこれで凌ぐ。

リストアできるかな~

 

※その後CentOS6環境でも「mondoarchive」を試すが、こちらは「3.2.1」、「3.2.2」でもエラーが出てメディアの作成が完了しない・・・。
今のところどうしていいのかわからず途方に暮れています。⇒mindiのバージョンがずれてました・・・。

RHEL6でnamazuをインストールしてPHPから使う

RHEL6でnamazuをインストールしてPHPから使う

RHEL4のサーバからデータ移行するときにはまったメモ。

■環境

# cat /etc/redhat-release
Red Hat Enterprise Linux Server release 6.3 (Santiago)

 

# php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Jul  3 2012 16:53:21)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies
    with the ionCube PHP Loader v4.0.14, Copyright (c) 2002-2011, by ionCube Ltd.

■kakashiインストール

$ wget http://kakasi.namazu.org/stable/kakasi-2.3.4.tar.gz
$ tar xzvfp kakasi-2.3.4.tar.gz
$ cd kakasi-2.3.4
$ ./configure
$ make
$ su
# make install

■namazuインストール

$ wget http://www.namazu.org/stable/namazu-2.0.21.tar.gz
$ tar xzvfp namazu-2.0.21.tar.gz
$ cd namazu-2.0.21
$ su
# cd File-MMagic/
# yum -y install perl-ExtUtils-MakeMaker
# perl Makefile.PL && make install
# cd ../
# ./configure
# make
# make install

■namazu.so作成
php-namazuが無いのでそこを対応する

http://sourceforge.jp/projects/php-i18n/
上記サイトよりnamazu-2.3.1.tgzをwget

# wget http://sourceforge.jp/frs/redir.php?m=jaist&f=%2Fphp-i18n%2F14174%2Fnamazu-2.3.1.tgz

http://tzono.com/wiki/index.php?linux%2Fnamazu
上記サイトのように作業しようとするもphpizeコマンドが無い事が発覚。
php-develに同梱されているようなのでインストールする

php-develが入ったところから。。。

# cd namazu-2.3.1
# phpize
Configuring for:
PHP Api Version:         20090626
Zend Module Api No:      20090626
Zend Extension Api No:   220090626
# ./configure --with-namazu
checking for grep that handles long lines and -e... /bin/grep
checking for egrep... /bin/grep -E
checking for a sed that does not truncate output... /bin/sed
・・・
# make
# make install
Installing shared extensions:     /usr/lib64/php/modules/

■php.iniを変更する
末尾に以下を追加しapacheをリスタートする

extension="namazu.so"
namazu.debugmode = Off
namazu.lang = ja_JP.SJIS

apacheリスタート後にはphpinfo.phpに「namazu」セクションが追加されている

あとはインデックスの再構築したり。。

■参照URL
サイト内検索システム構築(Namazu)

linux/namazu おどうぐ箱

PHP5 の Namazu モジュールを作成するための Patch

PHPのNamazuモジュールの組み込み

RHEL6 php-mbstringが入らないとか。

Red Hat Enterprise Linux 6を設定していてはまった点をメモ。

・RHEL6からはインストール番号が要らなくなった!

・アクティベーションはOSのインストール後に「rhn_register」コマンドで行なう。
⇒この時に利用するのはredhatログイン(rhn)のid,パスワード

・phpのインストール後に「mbstring」が無くて困った。
⇒「RHEL Server Optional repositoryを有効にして imap mbstring インストール」 を参考に対応

RHNにログインして以下の画像の箇所にチェックを入れる!

rhel6-php-mbstring
rhel6-php-mbstring

「サブスクリプションの変更」をクリック。

Read More RHEL6 php-mbstringが入らないとか。